386: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)12:52:02 ID:Yyt
社会人1年目の頃、
実家の都合で、母名義の一軒家で独り暮らししてた時期がある。

あるとき研修のために1週間ほど不在にした後、友人連れて帰宅したら、
玄関に知らない女物の靴があって、水の音までする。

2人で恐る恐る覗いてみたら、知らない女が風呂に入ってた。

警察呼ぼうと思ったんだけど、
あっちも「あなたたち誰?なんなの!?」という感じだったので、
とりあえずワケありっぽいので事情を聴いてみようとなった。
(こっちは2人だし、2人とも空手サークルだから、か弱い見た目の女性相手なら勝てる!とか思ってた。もう22歳だったのにバカス)

すごく礼儀正しい女性だったんだけど、
「A山A子です」
と自己紹介するのを聞いてもピンとこない。

だけどじっくり話してみたら、
私の伯母の彼氏の娘という、とんでもなく関係のない人だった。

「こちらに行く用事があると言ったら、Bさん(伯母)から、ここはBさんとB娘さんが時々使うだけの別宅だから、ホテル代わりにしていいと言われた。鍵も預かったのですが・・・」
と、Aさんは言うけど、まさかそんなことはありえない。

伯母は昔、色々やらかして警察沙汰を起こして前科までついている人なので、
今は親戚付合いも皆無。

そんな人がなんでうちの鍵持ってんだよ!とびっくりした。

その日はもう3泊目だったらしいけど、Aさん自身は常識的な人だったみたいで、かなり綺麗に使ってもらってたので、問題は全くなかった。

別宅なのに、冷蔵庫の中身がそこそこあったので「?」とは思ったらしいが、
伯母に電話しても適当に流されたらしい。

空き部屋もいくつかあったし、客用の布団(実家に置ききれなくて預かってた)も
たくさんあったので、彼女はその中の1つを使っていたみたい。
リビングと台所を除き、私がメインで使っていた部屋には入った形跡もなかった。

とりあえずその日はもう遅かったので、Aさんも交えてそのまま女3人で宅飲みした。
巻き込んだ友人には申し訳なかったが、友人とAさんが同じ資格の勉強中だったとかで、やたらと仲良くなってたw 


387: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)12:53:15 ID:Yyt
翌日、母に
「こんなことがあったんだけど、何か知らないか」
と聞いた。

母「昔(伯母が離婚した当時)、その家に姉さん(伯母)を住まわせていた時期があるけど・・・
鍵は返してもらったはずなんだけどねぇ。合鍵持っていっちゃってたのかしら」
母がおっとりしすぎて話にならなかったので、私と父で伯母宅に凸。

最初はのらりくらりとかわされたけど、最終的に
「小娘のくせに一軒家に住むなんていいご身分だこと!少しは社会の役に立ちなさいよ!」
とキレてきて、ワザとだということがわかった。

私が不在になることをなんで知ってたのかと言うと、私の上司が伯母彼氏の兄だったらしく(そんなん全く知らんかった)、そこから情報を聞き出していたらしい。
田舎の中小企業恐ろしいと思った・・・

結局、私が当初の予定よりも早めに帰宅してしまったので、Aさんと鉢合わせしたそうだ。
(研修後2日間は別研修に合流する予定だったのだが、別研修のほうが当日になって急遽キャンセルになった。上司がその情報を知ったのが遅すぎて、Aさんに伝わらなかった)

結論から言えば、モヤモヤさせてしまうと思うけど、伯母には何の制裁も加えられなかった。
警察に相談したけど、親戚トラブルみたいなものだし、
訴えるならAさん相手になるそうで、伯母には何もできないと言われた。
親戚間に話は回したけど、伯母の武勇伝?にまた1つ加わりました~くらいのリアクションだし。
母の貯金で鍵を変えてもらったけど、母自身が資産持ちなので大したダメージにはならず・・・

ちなみに上司については、さらに上の上司に苦情を言ったところ、
「会社および社員個人についての情報を私的に利用し~」
とかで減給食らっててざまぁと思った。

旧帝大卒なのにその後も鳴かず飛ばずで、支店の係長のまま定年を迎えたので、
もしかしたらそれなりに査定に響いていたのかもしれない。

余談ですが、その後Aさんと友人はそろって資格に合格。
長い実務経験を経て、今後、2人で事務所を立ち上げることになりました。
私も経理の経験を買われて、そちらの事務所で雇ってもらうことになりそう。
あんな変なご縁で知り合った仲が、10年以上も続くとは思いもしませんでした。 


388: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)13:02:51 ID:F7L
>>387
そんなキティ紙一重の伯母の知り合いなのにまともなのが奇跡 


389: 名無しさん@おーぷん 2015/06/15(月)17:22:32 ID:iye
>>387
ここまで結婚話無し!

いや、お疲れ様
まぁ、狂ってる奴にはかかわらないほうが幸せですから
全うな人生を歩みましょう!